ミシンで裁縫を始めよう!~子供服を作る~

ミシンを始めた初心者のブログ

職業用ミシン ヌーベル470を使ってみてわかったこと~ロックミシンが必須ということ~

こんにちは。

今日は職業用ミシンについてお話します。

 

と、その前に言っておきたいことがあります。

前回の記事でPS202(家庭用ミシン)ではほとんどのものが縫えないと書きましたが、ワンピースやTシャツなどの薄い生地、重ねて縫う際にあまり厚くならないものだったら縫えます。

誤解の無いように追記しておきました。

 

f:id:H-Needle:20170105033101j:plain

さて職業用ミシンについてですが、まずこのミシンには直線縫いの機能しかありません。

どういう事かと言うと、家庭用のミシンにはステッチがいくつか選べるようになっています。

ジグザグとか真っすぐとか、ボタンかがりもあります。しかし職業用ミシンにはこれらが一切なく、ボタンかがり機能もありません。



スポンサーリンク

 

 


ボタンかがりについては別途購入で何とかなります。

ジューキ JUKI ブラザー ボタン 穴かがり器 5コマセット 職業用

 

まあ、これだけで1万円くらいかかっちゃいますが、できる限り駒数が多いものを購入した方がいいです。どのみちあとで必要になるので。

 

話を戻しますが、職業用ミシンは直線縫いしかできないので端の処理ができません。

なのでおのずとロックミシンが必要になります。

 

私が購入したロックミシンはこちら。

brother ブラザー ロックミシン かがりⅣ/かがり4(2本針4本糸差動付) (LOB0201)

 

ロックミシンの役割は「布の端を縫う」ということ。ほぼこれだけしかできないミシンなんです。

それだと高い買い物になってしまうと感じるかもしれませんが、そこはやはり専用品というだけあって機能はスゴイの一言です。



スポンサーリンク

 

 


端ミシンをしない場合の処理は縫い代を割ります。

f:id:H-Needle:20170105040148j:plain

そしてロックミシンで端処理をした画像がこちら。

f:id:H-Needle:20170105040205j:plain

どうですか?一目瞭然ですね。

でもこれ、単に仕上がりが綺麗になるだけじゃないんです。

出来上がった洋服を洗濯した時に糸がほつれるのを防いでくれるんです。

これかなり重要ですよ。

 

職業用ミシンの最大の利点は馬力です。これは使ってみないとわからないと思いますが、どんな生地でも(薄い生地でも)力強く縫ってくれます。縫っていて力強さを感じるんです。

 

更にですね、馬力があるので縫うスピードも非常に速いです。

 

職業用ミシンは直線縫いしかできませんが、取って余るほどの能力と満足感が必ず得られます。

もう私は家庭用ミシンには戻れません(*´▽`*)

 

というわけで、次回は私が実際に職業用ミシンで縫ったものを紹介していきます。



スポンサーリンク